楽園王2018-2020 >>















舞台写真もUPする予定ですが、まずは過去のチラシの撮影風景などを掲載しました。
チラシのデザインは旗揚げ以来ずっと小田善久さんです。
撮影はプロのカメラマンさんをお願いする場合もありますし、僕や小田さんが行う場合もありますが、
撮影の前にデザインについて、今回はどんなコンセプトで行って、例えばどんな写真が必要になるか等、
打ち合わせは綿密に行っています。


班女・九州鈴慕

2003年、班女の劇場は東京芸術劇場小ホール1、
九州鈴慕は、昔麻布にもあった麻布ディプラツ。

塩山真知子さんと大畑麻衣子さんに加え、
久堂秀明さんと福原雄一くんにも出てもらい
チラシを作成しました。


王女メディア

2005年、静岡県舞台芸術公園・野外劇場「有度」
(Shizuoka春の芸術祭へ参加)にて上演。

塩山真知子さんをモデルにチラシを作成しました。


「6よりも先」と
「台詞劇白鳥の湖(再演)」

2007年の公演、公演場所はgallery LE DECO(旧)。

大畑麻衣子さんをモデルにチラシを作成しました。


銀細工とシャドー-擬曲編-

2008年には、楽園王の伝説的な旗揚げ作品を再演。

塩山真知子さんと大畑麻衣子さんに
モデルをお願いしました。


ELECTRIC GARDEN
[ツァラトストラは何を語ったのか?]

2009年の3度目の再演。
劇場は、シアター・バビロンの流れのほとりにて。

中島理乃さんをモデルにチラシを作成しました。