4th SEASON of 楽園王



HPタイトル.png2016年は25周年.png







.












4th season -Winter-


HOME > 4th SEASON

rakuen_oh_20161116_page0001.jpg

出演者名.jpg

WINTER

「図書幻想」「旅行記とその船」の公演はすべて終了いたしました。お越しになった皆様、本当ありがとうございます。旗揚げが2作品連続公演だったため、10周年、15周年、20周年と2作品連続公演をやってきましたが、いやー、今回も何とか乗り切りました。終わってみると、ついこの間まで夏で半袖だったのに、いつの間に冬になったの?って思うくらい、実感がない数ヶ月でした。記憶はあるけど、感覚がついてきてなかった。プレッシャー、いつもいつもですが、すごかった。2時間越えの作品が10月から数えて3本続いたので、やはり大変でした。今はホッとしつつも、何かを取り戻すための色々を始めています。来年の公演も制作的には動き始めています。古典戯曲が中心の、演出家としての長堀の仕事をお見せする1年になりそうです。どうか是非よろしくお願いいたします。優秀演出家賞とかもらっただけの演出作を上演できると思います。あらためまして、お越しのお客様、来たくて来られなかったお客様、気にとめてくれていた方、優秀な楽園王スタッフ、出演者など仲間の全員、ほんとうありがとうございます。心からの感謝を。心からの心からの感謝を。」



楽園王25周年2作品連続公演


「図書幻想」「旅行記とその船」

作/演出■長堀博士


2016/DEC./20Xmas.@d-soko

その黄金のチケットは大切にしまっておいて。
         いつか必ず役に立つ日が来るから・・・」

1.

「図書幻想」

作/演出■長堀博士

2016年12月20日(火)-23日(木・祝) @日暮里d-倉庫

「図書幻想」■出演

岩澤繭
植村せい
大迫健司
間山絵美
丸本陽子
山上綾音
吉田奈央
色鳥トヲカ(劇団Яeality)
田中達也(劇団ペリカン)
野宮有姫(シックスペース)
宮居草也
and 大畑麻衣子

「図書幻想」■タイムテーブル

12月20日(火)■19:00開場/19:30開演
12月21日(水)■19:00開場/19:30開演
12月22日(木)■19:00開場/19:30開演
12月23日(金・祝)■13:00開場/13:30開演

※受付開始は開場の15分前。開演からは45分前。

2.

「旅行記とその船」

作/演出◆長堀博士

2016年12月24日(土)-25日(日)Xmas @日暮里d-倉庫

『旅行記とその船』◆出演

秋葉舞滝子(SPIRAL MOON)
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)
大畑麻衣子
長田大史(ムツキカっ!!)
小澤凌(デンキブラン)
片倉裕介
かやべせいこ(三日月バビロン)
南葉桃江
早川紗代(ノアノオモチャバコ)
藤田早織
政井卓実
and ・・・

「旅行記とその船」◆タイムテーブル

12月24日(土)eve◆17:30開場/18:00開演
12月25日(日)Xmas◆13:00開場/13:30開演
12月25日(日)Xmas◆17:30開場/18:00開演


※受付開始は開場の15分前。開演からは45分前。

料金■◆「図書」「旅行」共

前売・一般 2800
前売・学生 2500
前売・楽園王初めて割 2500
当日 3200円(学生、楽園王初めて割は400円引き)

2作品チケット(劇団のみ取り扱い)前売3800円/当日4200

チケット/ご予約■◆「図書」「旅行」共

>>Confetti(カンフェティ)

http://confetti-web.com/
0120-240-540*通話料無料・オペレーター対応
(受付時間 平日10001800
※「2作品チケット」は劇団のみお取り扱い

>>楽園王

ホームページ:http://rakuenoh.tokyo
電話:090-8894-5904
予約フォーム:https://ticket.corich.jp/apply/78605/




………………………………………………

劇場■◆日暮里d-倉庫

住所 東京都荒川区東日暮里6-19-7
電話 03-5811-5399
URL http://www.geocities.jp/azabubu/index_d

主催■◆楽園王

URL  http://rakuenoh.tokyo
電話 090-8894-5904
住所 東京都豊島区北大塚3-31-6白井ビル102

スタッフ■◆

照明:南出良治 
音響:齋藤瑠美子 
美術:長堀博士 
宣伝美術:小田善久 

チラシ絵:大沢昌介「うずくまる女」

ごあいさつ



12月、楽園王25周年の最後の公演の月になりました。今年のファイナルは二作品連続公演です。旗揚げ、10周年、15周年、20周年と、楽園王では二作品連続公演を行ってきました。これがけっこう大変で、普通に考えたらやらないような過酷な日々が続くのですが、今のところ続けています。出来ることをやっていると、出来ることしか出来ないようになっていくので、出来ないようなことにチャレンジしていかなくては、それが成長だ、そんな気持ちから続けていると答えていますが、本当は自分でもよく分かりません。毎回、半分くらい後悔(笑)心ある方からも、無理しない方がいいと助言が届きます。でも、まあ、今この問題に直面している時には、客観的にそれを考えている余裕もなくて、経験を頼りに、仲間を信じて、ただただ必死に頑張るだけです。今まで、10周年と15周年の時には、「祝祭」という言葉が公演についていました。20周年もそうするつもりでした。でも、20113月、大きな地震と津波がその年の公演の半分を中止にする選択をさせ、なんとか年末に行った二作品公演へも「祝祭」の言葉をつけることを許しませんでした。あれから5年。正直、今でもその影響が残っています。それは、いまだに復興が終わってない現状や、あの時に人々はきちんと鎮魂を行ってなったような気持ちが拭い去れないことや、表現者として風化させちゃいけないことを風化させない仕事もあるのだって考えや、色々が重なった理由からです。

「あのね、あの日、この国はね、二つの世界に分裂してしまったの。見た目は変わらない、けどね、確かに真っ二つに別れた。その二つの世界は言葉こそ同じで普通に会話出来るけど/でもね、もう全然違う場所に住んでるんだよ。テストがあるの。見た目は変わらないって言ったでしょ、でもね、ある質問をして、その答えを聞いたらすぐにどっちの世界に住んでいるのかそれが分かる。分かっちゃう。(少し深呼吸してから)『あの日、あなたは何してたましたか?』、それを質問するとね、私たちは『ああ、あの日は、』ってスラスラ答える。『あの時は何をしていた』ってすぐ出てくる。でも、私たちと違う世界に住んでいる住人は、『あの日っていつのこと?』って聞き直さなきゃならない。私たちの世界では、『あの日』は『あの日』なの。もうどうしようもなく、『あの時』と聞かれたら『あの時』なの、たった一つのある1日を思い浮かべる。あの日、たくさん人がしんだ日。友達や家族をなくした日。家や仕事や何もかもを失った。夜には雪が降ってきてみんな凍えた。街や暮らしや価値観が全部、何もかも飲み込まれた。『あの日、あなたは何してましたか?』そう聞かれた時、さっき、あなたがそう質問されて/あなたが、『いつの話ですか?』って聞き直した瞬間、…私たちね、住む世界が違っちゃったんだよ。きっとそれは決定的な何か、いくらあなたが私を気に入ってくれても、私がそれを嬉しく思っても、あなたを好きでも、…ダメなんだと思う。まだ、いつか何年も時間が経って世界は再び一つになる日が来るかも知れない、けど、今はダメ。私たちは別の世界に生きているから。文化って言ってもいい、価値観って言ってもいい、(胸を押さえて)ここの問題だって言ってもいい、ごめんね、どうしても、どうしても、一緒になるわけにはいかないんだと思っちゃうんだ。ああ、もう、ほんとイライラするけど、残念だし悔しいけど、ごめんね」

今書いたのは、『二つの世界』ってタイトルの短編の中の台詞。Oi-SCALE企画公演のオムニバスof OiOiの中で上演されたものです。この苛立ちを持ち続けて行かなきゃって思って。あらためて紹介しました。でも、「祝祭」って言葉は好きなんです。「祝」も「祭」も演劇、舞台の世界をすごくよく表している言葉だと思っています。やっぱり演劇は日常を「ケ」と表した時の「ハレ」だと思うので。一種の収穫祭だと感じる。演劇には社会に一石を投じる役目もありますが、やっぱり、日常の中の何かがハレることも大切だと思っています。今回の作品でも、そんな感じになればいいな、そう思っています。『図書幻想』は2001年に初演された作品で、15年ぶりの再演になります。最近、15年ぶりに読み直し、あ、面白い、好みだ(そりゃ)、感動したって経験とともに、すっかり忘れていたことが判明。忘れていたので素直に面白いと言えます。演出家としてぐっとレベルアップさせて再演します。新作の『旅行記とその船』は、過去へ時間を遡っていく船での出来事を描きます。過去に一回上演しようとして断念しているので、今回リベンジですね。2009年の1226日に初めてアイデアが出てきたことがメモに残っていました。10月の新作『物語』が好評だったので、今はかなりプレッシャーを感じています。この2作品。どうぞよろしくお願いいたします。師走の一番忙しい時期、一年で一番大きなイベントの時期、本当申し訳ない、でももし良かったらお時間作ってぜひ足を運んで下さい。暇がありましたら、ではなく、ぜひ時間作って下さい。素敵な物語を上演します。(楽園王 長堀博士)

楽園王2017年の予定●

2月*ワークショップを開催
4月*現代劇作家シリーズ7:別役実「正午の伝説」フェスティバル参加公演@日暮里d-倉庫
6月*チェーホフフェスティバル参加公演@新宿サニーサイドシアター
7月*東京バビロン演劇祭2017参加公演@シアターバビロンの流れのほとりにて

楽屋 (27).JPG
大畑麻衣子

DSC07000.JPG
山上綾音

DSC06880.JPG
岩澤繭

DSC07221.JPG
植村せい

DSC06889.JPG
大迫健司

DSC04365.JPG
牛水里美

DSC01962.JPG
吉田奈央

DSC07517.JPG
間山絵美

芝居 (7).JPG
政井卓実

幸福な王子 (363).JPG
長田大史

DSC04089.JPG
丸本陽子

幸福な王子 (32).JPG
南葉桃江

幸福な王子 (73).JPG
早川紗代

DSC03834.JPG
片倉裕介

DSC00236.JPG
秋葉舞滝子

141121RUKADEN花は-1339.jpg
かやべせいこ

IMG_1156.JPG
小澤凌

スライド9.JPG
野宮有姫

スライド8.JPG
色鳥トヲカ

スライド1.JPG
田中達也

スライド5.JPG
宮居草也

0006_xlarge.jpg
藤田早織