2nd SEASON of 楽園王



HPタイトル.png2016年は25周年.png







.








HOME > 2nd SEASON

授業画像久堂.jpg授業画像久堂.jpg

スライド21.JPGスライド21.JPG

2016年8月と9月の楽園王作品
21 22 23 24 25 26 27
 
        板橋ビューネ
イヨネスコ
『授業』
@チェリヴァ
ホール
19:00
28 29 30 31 1 2 3
板橋ビューネ
イヨネスコ
『授業』
@チェリヴァ
ホール
14:00
  オムニバスof
OiOi Vol.4
「オカルト」
Aプログラム
『増殖』

19:30
 オムニバスof OiOi Vol.4
「オカルト」
Aプログラム
『増殖』

19:30 
 オムニバスof OiOi Vol.4
「オカルト」
Aプログラム
『増殖』

15:30
オムニバスof OiOi Vol.4
「オカルト」
Aプログラム
『増殖』
19:30
オムニバスof OiOi Vol.4
「オカルト」
Aプログラム
『増殖』
15:30 
4 5 6 7 8 9 10
        板橋ビューネ
イヨネスコ
『授業』
@サブテレ
ニアン

20:00 
板橋ビューネ
イヨネスコ
『授業』
@サブテレ
ニアン

20:00
板橋ビューネ
イヨネスコ
『授業』
@サブテレ
ニアン
15:00 と
19:00  

SUMMER

授業画像三人娘.jpg

板橋ビューネ2016“ナンセンス”参加公演

イヨネスコ 授業ロゴ.png

出演:久堂秀明、杉村誠子、
    村田望、岩澤繭

演出:長堀博士

2004年利賀演出家コンクール・新利賀山房にて初演、優秀演出家賞を受賞。
同年、BeSeTo演劇祭早稲田開催・戸山公園特設ステージにて再演。
2006年、Ikachi国際舞台芸術祭・山口県伊陸みどり会館にて再演。
2010年、現代劇作家シリーズ:イヨネスコ「授業」フェス・神楽坂ディプラッツにて再演。
2015年、板橋ビューネ2015札幌会場・アトリエ阿呆船にて再演。

自他共に認める楽園王の代表作である。「演出家コンクール」で優秀演出家賞を受賞したこともあるが、初演と演出を変えることなく、何度も再演を繰り返し、鉄を打って刀を成型するように鍛えに鍛え上げられている作品と言って良いと思う。舞台演劇作品の、一つの完成形がここにある。
原作の物語に、台詞などを大きく変えることなく、しかし、長堀演出独自の解釈が加わっている。それは、舞台が戦場であるのではないか?というもの。そうすることで、不条理劇の不条理と、現実世界に存在する不条理がリンクして、この漫画みたいな可笑しい手触りの作品が、切実なものとなる。
しかし、そのような工夫よりも何よりも、長堀演出の特徴の面白さが特にクローズアップされた作品だ。ストレートに、力わざとも言える、抱腹絶倒の「授業」がここにある。ぜひお越しいただきたい。

初日7.jpg

●スケジュール

8月27日(土)・28日(日)

劇場: 島根県出雲市・チェリヴァホール

*雲の劇団雨蛙公演 チェーホフ『かもめ』と
二本立て公演。

料金:一般 前売・当日ともに 2500円
学生 前売・当日ともに 1500円 ※要学生証

タイムテーブル: 
27日(土)19:00
28日(日)14:00

9月8日(木)-10日(土)

劇場: サブテレニアン(大山/板橋区役所前)
料金:

タイムテーブル:
8日(木)20:00
9日(金)20:00
10日(日)15:00/19:00

授業画像久堂.jpg

スライド28.JPG

Oi-SCALE“omnibus of OiOi Vol.6 OCCULT”参加にて短編発表、演出‼

長堀博士新作短編 増殖ロゴ.png

出演:植村せい、杉村こずえ、池沢夏之助、
    吉田達也、中野貴啓、
   
作/演出:長堀博士

オムニバスof オカルト.jpg

オムニバス of OiOi Vol.6「オカルト」ラインナップ

【Aプログラム】
『KV-201XR』
原作:江口寿史 脚本・演出:林灰二(Oi-SCALE)
『増殖』
脚本・演出:長堀博士(楽園王)
『風立ちぬ』
脚本:田辺茂範(ロリータ男爵) 演出:足立雲平
『ボクノアト』
脚本・演出:岸野聡子(味わい堂々)

【Bプログラム】
『くるぐる使い』
原作:大槻ケンヂ 脚本・演出:松澤くれは(火遊び)
『幽霊物件』
原作:五味弘文(お化け屋敷プロデューサー) 脚本・演出:林灰二(Oi-SCALE)
『予感』
原作:青山七恵(小説家) 脚本・演出:林灰二(Oi-SCALE)
『不特定多数』
脚本・演出:林灰二(Oi-SCALE)


●スケジュール

8月30日(火)-9月4日(日)

劇場: 下北沢駅前劇場

料金: 前売り 3500円、当日 3800円
両プログラムセット券 4500円(前売り・劇団扱いのみ)

タイムテーブル: A・B 2つのプログラムを上演します。

8月30日(火) 19:30 A
8月31日(水) 15:30 B / 19:30 A
9月 1日(木) 15:30 A / 19:30 B
9月 2日(金) 15:30 B / 19:30 A
9月 3日(土) 15:30 A / 19:30 B
9月 4日(日) 15:30 B


※開場:開演30分前より。受付開始:開演45分前より。
※プログラムごとに演目・出演者が異なりますのでご注意ください。

ご予約: 

携帯からの予約はこちらをクリック!




もしくは、home@rakuenoh.tokyo(ホーム@楽園王.東京) までお願いいたします。→「お名前と、ご希望の回、人数」をお知らせください。 
※楽園王25周年記念フリーパスの方は自動で適用されます。


参加クリエイター プロフィール

【江口寿史(漫画家)】
漫画家/イラストレーター 1956年熊本県生まれ。
1977年「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。代表作「すすめ!!パイレーツ」「ストップ!!ひばりくん!」など。2015年、画業38周年の全仕事を網羅する画集『KING OF POP』(玄光社刊)発売。それにあわせキャリア初となる全国巡回の作品展「江口寿史展 KING OF POP」を北九州を皮切りに開催。現在は京都国際マンガミュージアムにて開催中。以後、熊本〜新潟と巡回予定。また、初の描画論集『5分スケッチのすすめ』(集英社新書)が近日発売予定。
【大槻ケンヂ(ミュージシャン)】
誰もが知る「筋肉少女帯」「特撮」のボーカリストとして音楽活動を行う傍ら、エッセイ・小説・作詞・テレビ・ラジオ・映画等多方面で活躍中。UFO・超能力などのオカルトへの言及でも注目を集め、各界のクリエーターにも広く影響を与えている。作家としても、今作「くるぐる使い」と「のの子の復讐ジグジグ」で 2年連続「星雲賞」を受賞。
【五味弘文(お化け屋敷プロデューサー)】
お化け屋敷にストーリーとミッションの概念を持ち込み、入場者をストーリーに参加させる「恐怖」エンターテインメントを確立。東京ドームシティ アトラクションズなどの常設お化け屋敷に加え、全国各地の夏期限定お化け屋敷、リアル脱出ゲームとのコラボ企画など活動の場は多岐に渡る。2013年には小説『憑き歯~密七号の家』を出版。
【青山七恵(小説家)】
1983年埼玉県生まれ。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2005年『窓の灯(あかり)』で第42回文藝賞を受賞しデビュー(「文」はヒゲ付き)。07年『ひとり日和(びより)』で第136回芥川賞、09年「かけら」で第35回川端賞を史上最年少受賞。著書多数。近著に『快楽』『めぐり糸』『繭』がある。
【田辺茂範(ロリータ男爵)】
ロリータ男爵主宰。95年、バカバカしいことを壮大に!をモットーに多摩美術大学でロリータ男爵を結成。オリジナルミュージカルとナンセンスなギャグでバカバカしくも壮大な世界観と人生観を提示する唯一無二の作風。オリジナリティ溢れる発想とエッジの効いたテンポ良い作品は映像でも高い評価を受けており、ドラマや映画、アニメの脚本も多数提供。
【足立雲平】
桑沢デザイン研究所在学中に友人に誘われ、よく解らぬまま劇団「ロリータ男爵」に参加。デザインが本業だが、特異なルックスのためかMVやドラマなどにも出演。横町慶子 SOLO ACT 「かわうそ」(atラフォーレミュージアム原宿/声の出演:田口トモロヲ/音楽監督:菊地成孔)などの演出助手を経て、今回初演出に挑む。
【岸野聡子(味わい堂々)】
2007年劇団「味わい堂々」を旗揚げ。
劇団では作・演出をする傍ら役者としても活躍中。
神保町花月へ作品提供、TV神奈川のコーナーアニメ、テレビ東京の深夜アニメ『闇芝居三期』などの脚本を担当。外部での活動の幅も広がりつつある。
【松澤くれは(火遊び)】
火遊び代表。早稲田大学在学中、ナンセンスとミステリの融合を作風とする「サイバー∴サイコロジック」を旗揚げ。芥川賞作家・中村文則の「掏摸[スリ]」、「殺人鬼フジコの衝動」(新垣里沙主演)等の舞台化を手掛け、その後、演劇ユニット<火遊び>を発足。PV・映画シナリオ・エッセー・ワークショップ講師など多方面で活動。
【林灰二(Oi-SCALE)】
「僕がブルーハーツとダウンタウンを好きになった理由」にてオイスケール始動。音楽誌「ロックジェット」(シンコーミュージックMOOK)甲本ヒロト特集ではロングインタビューが掲載される。人気漫画家古谷実の問題作「ヒミズ」(@ラフォーレミュージアム原宿、出演/ 村田充、つぐみ、千原ジュニア、他)の舞台化など、少年期から変わらぬ痛みや渇きを抱く人間の骨太な物語を発表している。

■出演者

スライド2.JPG
「授業」久堂秀明

スライド3.JPG
「授業」久堂秀明

スライド8.JPG
「授業」村田望

スライド9.JPG
「授業」村田望

スライド11.JPG
「授業」岩澤繭

スライド12.JPG
「授業」岩澤繭

スライド7.JPG
「授業」杉村誠子

スライド6.JPG
「授業」杉村誠子

スライド25.JPGスライド25.JPG
「増殖」植村せい

せい.jpg
「増殖」植村せい

スライド1.JPGスライド1.JPG
「増殖」吉田達也

スライド3.JPG
「増殖」吉田達也

スライド21.JPGスライド21.JPG
「増殖」杉村こずえ

スライド23.JPG
「増殖」杉村こずえ

スライド9.JPGスライド9.JPG
「増殖」池沢夏之助

スライド11.JPG
「増殖」池沢夏之助

スライド5.JPGスライド5.JPG
「増殖」中野貴啓

スライド7.JPG
「増殖」中野貴啓